ADVERTISEMENT

前情報を入れず、激烈極まる映画体験を味わってほしい

2022年1月16日 斉藤 博昭 さがす ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
さがす

タイトルが示すように、基本設定は中学生の娘が失踪した父親を「さがす」物語。その原因に迫るべく、時間をさかのぼる展開は、この手の作品として意外性はない。
しかし、父娘以外のもう一人の重要キャラが本筋に侵食してきたとたん、とてつもなくドラマが暴走し、いい意味での異常な世界へと突入していく。サプライズを味わうためにも、これ以上の情報は入れずに作品に向き合ってほしい。
人間の不条理、社会問題まで取り込んで、これほど激烈サスペンスに仕立てた監督の才能には敬服。
俳優では、独特のひょろっとした体躯に謎と狂気をまとわせ、朝ドラ「おかえりモネ」などと同一人物とは思えない清水尋也にノックアウトされた。

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴:1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとしてさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況:『ウエスト・サイド・ストーリー』公開に合わせて、東山紀之さんのCM撮影や各種インタビューをお手伝い。作品への愛をまっすぐに受け止めて、こちらも感激。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT