HEY YOU WHAT'S YOUR NAME? なんてね

2015年5月2日 轟 夕起夫 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

端的にいえば「世の中はすりばちで、人生はすりこぎ」とシャウトした左とん平師匠の名曲の映画化のような。崖っぷちの、ベテラン役者の苦悩とジタバタの日々……そこに目を付けたイニャリトゥ監督に「今どき、フェリーニの『81/2』をやる?」とツッコミつつ、自意識を可視化したバードマンほか分かりやすく現代批評を織り交ぜた今回の作風はウェルカムで、哀愁のブルースをシニカル(ドタバタ)コメディに巧みに転換してみせている。

相手に不幸な身の上話をし、同情させといて「嘘だぴょーん、俺にだってこれくらいの芝居出来るわ!」とM・キートンが逆切れするところ最高。で、ラストは、スピッツの「空も飛べるはず」で劇終である。

轟 夕起夫

轟 夕起夫

略歴:文筆稼業。1963年東京都生まれ。「キネマ旬報」「映画秘宝」「週刊SPA!」「クイック・ジャパン」「ケトル」「DVD&ブルーレイでーた」などで執筆中。著書に「轟夕起夫の 映画あばれ火祭り」(河出書房新社)、編著に「清/順/映/画」(ワイズ出版)、「好き勝手 夏木陽介 スタアの時代」(講談社)など。

近況:取材・構成を担当した『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』がスペースシャワーブックスより発売中。またもやボチボチと。よろしくお願いいたします。

轟 夕起夫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]