シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

純愛劇はサプライズを経て、儚く普遍的なファンタジーへと変わる

  • 陽だまりの彼女
    ★★★★

     所詮セカイ系だろ、と高を括ってはいけない。先入観を捨てて臨む価値がある。感傷的なハイキーの映像と、クローズアップによる視線の豊かな交錯と、懐かしきザ・ビーチ・ボーイズの音楽によって、純度の高き想いを掻き立てるラブロマンスは、サプライズを経て、はかない幻想譚へと変わる。
     
     松本潤が、いつになく柔らかい。感性演技を封印した上野樹里は、眼差しでたおやかさと陰りを表わす。中学時代に扮する北村匠海と葵わかなの好演も光り、感情に連続性を与える。終盤の展開をありえないと否定するのは野暮だ。三木孝浩演出は、日常から非日常へゆるやかに移行させ、彼女の秘密を信じさせる。「人が人を恋うるとき人は誰でもさびしんぼう」という大林映画の言葉が脳裏をよぎり、多様な解釈が拡がる。
     
     暖かな陽光に包まれた男女の時間は限られ、それゆえ永遠を希求する。これは、価値観を共有しながらも喪失を覚える『(500)日のサマー』であり、時間差よりも切ない『時をかける少女』であり、そして何より大人びた『崖の上のポニョ』ともいえる、普遍的なファンタジーの名篇である。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●円谷プロ「ULTRAMAN ARCHIVES」●過去に「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4/朝ドラ特集」●kotoba春号「特集:ブレードランナー2019-2049」●デジタルハリウッド大学「アニメフォーラム」講演●映画.comコラム●「Pen」SF特集/●NHK BSプレミアム「ザ・ベストテレビ」出演●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」●TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク