シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

公開前のアンチがまさに本作の正しさを証明している

  • 万引き家族
    ★★★★★

     社会から見捨てられた人々が疑似家族を形成し、肩を寄せ合って仲睦まじく暮らす。他者への優しさや思いやり、共感が失われ、自己責任という名の正論と不寛容、無関心によって弱者を冷たく切り捨てていく現代日本。確かに生きるためとはいえ万引き行為は許されないことだが、しかし果たして我々は彼らを責めることが出来るのだろうか?明日は我が身なのではないか?そこが問われる。
     映画を見る前から「日本の恥を世界に晒すな」「犯罪を正当化するな」という声が噴出しているようだが、まさにそうした風潮こそが主人公たちの境遇を生み出した要因であり、本作が極めて正しく現代日本の風景を映し出していることの証だ。

⇒映画短評の見方

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴: 日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況: 新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください?なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

» なかざわひでゆき さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク