シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

双子が導く妖しいナルシシズム

  • 2重螺旋の恋人
    ★★★★

    このところオゾンは、男2&女1の関係に執着しているようで、『婚約者の友人』『彼は秘密の女ともだち』でも男女の関係を軸にしつつ、彼らしく男同士の愛を妄想的に挿入、あるいは強烈に染み込ませていた。今作で双子役のジェレミー・レニエを、かつて起用した『クリミナル・ラヴァーズ』でも、彼が演じた若者と恋人、森の男との関係に余計な想像を喚起させたように、この関係性はオゾンの大好物なのだろう。今作でもその流れをくんだ妄想的シーンが炸裂するが、「同じ外見の分身を愛でる」という点で強烈なナルシシズムが立ち込める。似た関係性のクローネンバーグ監督の『戦慄の絆』に比べると物語は想定内だが、オゾンらしい妖しさは盤石。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 6月にラミ・マレックをインタビューして以来、応援し続けてきた『ボヘミアン・ラプソディ』が日本でもまさかの特大ヒットとなって心から幸せを感じています。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク