シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

クイーンの音楽が大画面に似合って気持ちいい

  • ボヘミアン・ラプソディ
    ★★★★★

     クイーンの物語というよりは、かつて同性愛に悩む若者だったブライアン・シンガー監督が、フレディ・マーキュリーという題材を得て、一つの神話を描いたもの。神話なので、史実よりも輝きを優先して描かれる。
     さらに"歌"に物語を語らせる。出来事と彼らの曲が同期するように作られているのだ。歌詞はみな字幕付きなのでよく分かる。
     そしてそんなことは気にしなくても、クイーンの音楽が大画面と大音響によく似合う。それを再認識させてくれて気持ちいい。特に85年のライヴエイド場面は、映像が発する熱量が圧巻。もう一つ、思わず目を奪われるのがフレディ役ラミ・マレックの動き方。あまりに完璧なコピーぶりが感動ものだ。

⇒映画短評の見方

平沢 薫

平沢 薫

略歴: 映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」等で執筆。著作に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況: 2019年に新シーズンがスタートする「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ストレンジャー・シングス」の予告編が登場して、ワクワク。

» 平沢 薫 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク