シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

実話ものだけど、青春ドラマとしても見応えあり!

  • ボヘミアン・ラプソディ
    ★★★★

    タイトルにもなった曲はオペラ的で、艶やかで、華々しく、ロックの概念に風穴を開けた名曲。そんな曲を作ったフレディ・マーキュリーをR・マレックが熱演する。カリスマティックな天才という難役だが、マレックが彼独特の個性をちゃんと反映させているのは素晴らしい。「クィーン」の紆余曲折やメンバー間の確執と和解などは知られている逸話の組み合わせだが、そこが青春ドラマっぽくて個人的には共感度大。ラストは心の中でガッツポーズ! B・シンガー監督はフレディのセクシュアリティに比重を割きすぎだし、事実と違うのではと思う部分もあったが、B・メイがプロデューサーなのだからと納得。もちろんサントラが欲しくなります。

⇒映画短評の見方

山縣みどり

山縣みどり

略歴: 雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況: リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

» 山縣みどり さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク