シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

没入感と臨場感の映画

  • 1917 命をかけた伝令
    ★★★★

    パラサイト大旋風で若干、存在がかすんだ感もありますが、サム・メンデスとロジャー・ディーキンスのコンビがワンカット仕様で一気に語り切る戦争映画。
    何と言っても、その没入感と臨場感は圧倒的で、戦争映画の映像としては『プライベート・ライアン』のオマハビーチのシーン以来の革新的な画作りを堪能できます。
    『フォードVSフェラーリ』と共に見るスクリーンが大きければ大きいほど映える映画です。
    可能な限り大きなスクリーンと優れた音響設備のある劇場でご堪能下さい。

⇒映画短評の見方

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴: 脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況: 新たに短評を担当させていただきますお一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

» 村松 健太郎 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク