順行と逆行の狂気のバトル!行の逆読み可能な文章で敬意を表す

2020年9月21日 清水 節 TENET テネット ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
TENET テネット

映画にはまだ可能性が残されている
近頃はそんな考えも当てにならない
野心的な実験が成功する確率は低い

タイムトラベルとは異なる逆再生劇
その装いは精緻なスパイアクション
世界の終末を懸けて戦う壮絶な奇景

驚くべきことに敵は逆行する未来人
全てはエントロピー減少が成せる業
順行の現代人と入り乱れる異様な画

カオスを前に脳内を嵐が吹きまくる
そんなことすら考えるな感じるんだ
何度でも観てユリイカ!と叫びたい

清水 節

清水 節

略歴:映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書: 「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●映像制作: WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞(芸術番組部門)、ギャラクシー賞(奨励賞)、民放連最優秀賞(テレビ教養番組部門)受賞

近況:●Pen online:FILMeX特集●サイゾー:角川春樹特集●製作55周年「ウルトラマン」Blu-rayBOX収録「ウルトラ・レボリューション1966」構成・演出・取材●「ULTRAMAN ARCHIVES」クリエイティブディレクター●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

清水 節さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]