消えゆく自分と共に

2021年4月27日 村松 健太郎 ファーザー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ファーザー

アンソニー・ホプキンスが史上最高齢でアカデミー主演男優賞を受賞したヒューマンドラマ。この結果はサプライズと納得が同時に感じるという何とも奇妙なものになりました。それだけアンソニー・ホプキンスの演技はちょっとずば抜けた領域のものになっています。
認知症を患った者の視点から描かれる物語は、サスペンス、もっと言うとサイコスリラーに近い肌触りでドキっとさせられるところも多々あります。もとになった戯曲を映像化に合わせて脚色した脚本家チームの手腕も見事で、こちらのオスカー受賞も納得の結果です。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆屋。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]