酒の危険さから目を逸らさないが説教はしない

2021年5月5日 猿渡 由紀 アナザーラウンド ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アナザーラウンド

酒の危険さや依存症の深刻な問題については近年多く語られてきた。しかし酒は楽しみや良いことをもたらしてもくれる。そんな人と酒との微妙な関係を4人の中年男たちを通してまっすぐ見つめるのが今作。どんどん調子に乗っていく彼らに「やばいぞ、やばいぞ」とドキドキさせられ、予想通り暗い出来事も起こる。そうやって酒が招く害からも目を逸らさないが、かといって説教くさい結論を出さないところが新鮮。何よりも、今作は、ミッドライフクライシスに陥った主人公が人生を見つめ直し、出口を探していく物語。人がもつ欠点、弱さ、思うようにいかない人生の辛さ、友情のありがたさと希望を語る、ユニークな人間ドラマだ。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]