ADVERTISEMENT

ナラタージュ (2017) 映画短評

2017年10月7日公開 140分

ナラタージュ
(C) 2017「ナラタージュ」製作委員会

ライター3人の平均評価: ★★★★★ ★★★★★ 3.3

なかざわひでゆき

昨今の日本の恋愛映画に一石を投じる作品ではある

なかざわひでゆき 評価: ★★★★★ ★★★★★

 一言で言えば、優柔不断な男に翻弄される女の物語。まあ、その煮え切らなさにも理由があるのだが、それを含めて単純な理屈では割り切れない男女の心のひだが丁寧に描かれていく。綺麗ごとばかりの純愛ドラマとは一線を画す作品だと言えよう。
 ただ、そのわりに主人公2人の関係性における情念や欲望はことのほか淡白だ。恋愛とは熱病のようなものだと思うのだが、ここではその熱があまり感じられない。特にそれは濡れ場において顕著だろう。むしろ、結果的に当て馬のような形にされた坂口健太郎の嫉妬と暴走の方が遥かにリアルだ。

この短評にはネタバレを含んでいます
清水 節

有村架純のゆらぎ。松本潤のエロス。坂口健太郎の狂気。

清水 節 評価: ★★★★★ ★★★★★

 スイーツなトレンドに背を向けた、抜き差しならない恋愛映画を、メジャーで成立させた意欲作だ。濃密な空気の中で蠢く、旬な俳優の内なる表情。すがろうとする有村架純のゆらぎ。茫洋とすればするほど漂う松本潤のエロス。不安が束縛に代わる坂口健太郎の狂気。有村の回想形式ゆえ、美化された記憶なのだろう。愛の行為も健闘はしているが、引用される『浮雲』と比肩するならば、まだ入り口に留まっている。どうしようもなく断ち切れない関係を表わすには、松潤視点による肉欲やズルさも必要だった。堕ちていく感覚に乏しい。それが時代性や若手俳優の限界とは思えない。とはいえ、漫画原作ありきの邦画市場に変化をもたらすことを切に願う。

この短評にはネタバレを含んでいます
くれい響

松潤がひたすらエロくてだらしない

くれい響 評価: ★★★★★ ★★★★★

女性関係にだらしない男を描かせれば、右に出る者がいない行定勲監督だが、原作者が渡部篤郎をイメージした主人公を松本潤が演じるのは、誰もが気になるところ。だが、意外にもエロく、そのダメ男っぷりは出演映画でいちばんのハマり役といえる。そんな『エル・スール』をススメるもんなら、同性でもドキッとする彼とヒロインとの関係性は、まさに“現代版『浮雲』”なズブズブな関係。また、松潤より年上のくせして高校生を演じる駒木根隆介や、原点回帰といえる役で登場する伊藤沙莉など、意外なサプライズも面白い。ただ、『浮雲』ほど激動の時代が描かれるわけでも、怒涛の展開になるわけでもないだけに、140分はちょっと長尺すぎる。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

楽天市場

ADVERTISEMENT