シネマトゥデイ

英国アカデミー賞発表!『スリー・ビルボード』作品賞など最多5部門

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『スリー・ビルボード』が最多5部門で受賞! - (C)2017 Twentieth Century Fox

 現地時間18日、2018年英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式がロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われ、マーティン・マクドナー監督のクライムドラマ『スリー・ビルボード』が作品賞、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、助演男優賞(サム・ロックウェル)、脚本賞、英国作品賞の最多5部門受賞を果たした。

映画『スリー・ビルボード』予告編

 『スリー・ビルボード』は、レイプ殺人事件の捜査に全く進展が見られないことに業を煮やした被害者の母親(フランシス)が、警察署長を非難する3枚の巨大看板を出したことで、小さな町の人間関係に波紋が広がるさまを描いた映画。来月4日に行われるアカデミー賞での作品賞獲得にまた一歩前進した。

[PR]

 この日の授賞式では、第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式と同様に、女性たちがセクハラへの抗議、そして連帯の証としてそろって黒のドレスを着用した。『スリー・ビルボード』の脚本も執筆したマクドナー監督は受賞スピーチで「Time's Upキャンペーン(“セクハラを黙認してきた時代はもう終わりだ”というキャンペーン)」を引き合いに出し、「われわれの映画はたくさんの意味で希望に満ちていますが、怒りも描いています。そして今年われわれが目にしているように、怒りというのは時に、人々にこちらの声を聴かせ、変化をもたらす唯一の方法なのです。BAFTAがそのことを評価してくれたことに興奮しています」と語った。

 最多12部門でノミネートされていたギレルモ・デル・トロ監督の映画『シェイプ・オブ・ウォーター』は、監督賞、作曲賞、美術賞の3部門受賞となった。(編集部・市川遥)

2018年英国アカデミー賞の主な受賞結果は以下の通り。
■作品賞
『スリー・ビルボード』

■監督賞
ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

■主演男優賞
ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

■主演女優賞
フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』

■助演男優賞
サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』

■助演女優賞
アリソン・ジャネイ 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

■脚本賞
マーティン・マクドナー 『スリー・ビルボード』

■脚色賞
ジェームズ・アイヴォリー 『君の名前で僕を呼んで

■撮影賞
ロジャー・ディーキンス 『ブレードランナー 2049

■美術賞
ポール・デナム・オースタベリー、ジェフリー・A・メリヴィン、シェーン・ヴィア 『シェイプ・オブ・ウォーター』

■編集賞
ポール・マクリス&ジェナサン・エイモス 『ベイビー・ドライバー

■衣装デザイン賞
マーク・ブリッジス 『ファントム・スレッド

■メイク・ヘアスタイリング賞
デイビット・マリナウスキー、イヴァンカ・プリモラッツ、ルーシー・シビック、辻一弘 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

■視覚効果賞
『ブレードランナー 2049』

■音響賞
ダンケルク

■作曲賞
アレクサンドル・デスプラ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

■アニメ映画賞
リメンバー・ミー

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]