最優秀女優賞に蒼井優、前田敦子 第11回TAMA映画賞

昨年の授賞式
昨年の授賞式

 第11回TAMA映画賞の受賞作品、受賞者が3日、発表された。本年度最も活力あふれる作品の監督及びスタッフ・キャストを表彰する最優秀作品賞には、映画『ゲゲゲの女房』などの鈴木卓爾が監督を務めたラブストーリー『嵐電』と、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督による家族ドラマ『長いお別れ』が選ばれた。最優秀男優・女優賞に山崎努※「崎」は「たつさき」、井浦新蒼井優前田敦子新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』、松坂桃李シム・ウンギョン主演の社会派ドラマ『新聞記者』が特別賞を受賞した。

【写真】松坂桃李、吉沢亮ら昨年の授賞式の様子

 映画賞の選考は2018年10月から2019年9月に劇場公開された作品が対象。最優秀作品賞に輝いた『嵐電』は、沿線に東映京都撮影所、松竹撮影所などが並ぶ路面電車・京福電気鉄道嵐山線を背景にした物語。鈴木監督が準教授を務める京都造形芸術大学映画学科の学生と映画のプロが共に制作する劇場公開映画制作プロジェクトとして進められた。井浦新が主演を務め、あがた森魚が音楽を担当している。「誰かの想いをのせて走る嵐電は映画を撮ること、観ること、生活することという確かな手ざわりを夢幻の眼差しでとらえていた」作品として評価された。

[PR]

 中島京子の実体験に基づく小説を映画化した『長いお別れ』は、「家族の形態に変化が訪れても変わらない絆を演技・台詞・演出の絶妙なブレンドで描き、至福な思いに観客をあまねいた」との理由から同賞を受賞。認知症の影響で徐々に記憶を失っていく父に名優・山崎努、長女に竹内結子、次女に蒼井優。中村倫也が次女の恋人にふんした。

 また、昨年『モリのいる場所』『カメラを止めるな!』が受賞した特別賞は、『天気の子』『新聞記者』に贈られた。公開規模に差があれど、いずれも大ヒットを記録。『天気の子』は「少年・少女が緻密に描かれた東京の街並みから壮大な天空に放たれた開放感は、言葉に表せないほどの映像体験を観客にもたらした」、『新聞記者』は「昨今の政治的題材に取り組みながら苦悩する個人に光を当てたドラマを作り、終演で拍手が起こる「新聞記者現象」を引き起こした」との理由から選定された。

 そのほか、最優秀新進男優・女優賞を『愛がなんだ』で共演した岸井ゆきの成田凌がそろって受賞。同賞は『ホットギミック ガールミーツボーイ』などの清水尋也、『新聞記者』のシム・ウンギョンも受賞した。

 本映画賞は、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力あふれる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。授賞式は11月17日、中央大学多摩キャンパスクレセントホールにて行われる。(編集部・石井百合子)

[PR]

第11回TAMA映画賞受賞作品、受賞者は以下の通り。

最優秀作品賞:
『嵐電』 (鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)
『長いお別れ』(中野量太監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞:
新海誠監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『天気の子』)
藤井道人監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『新聞記者』)

最優秀男優賞:
山崎努 (『長いお別れ』)
井浦新 (『嵐電』『こはく』『赤い雪 Red Snow』『止められるか、俺たちを』『宮本から君へ』ほか)

最優秀女優賞:
蒼井優 (『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』)
前田敦子 (『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』ほか)

最優秀新進男優賞:
成田凌 (『愛がなんだ』『チワワちゃん』『さよならくちびる』『人間失格 太宰治と3人の女』『翔んで埼玉』ほか)
清水尋也 (『ホットギミック ガールミーツボーイ』『パラレルワールド・ラブストーリー』『貞子』)

最優秀新進女優賞:
岸井ゆきの (『愛がなんだ』『ここは退屈迎えに来て』『ゲキ×シネ「髑髏城の七人」Season風』)
シム・ウンギョン (『新聞記者』)

最優秀新進監督賞:
山戸結希監督 (『ホットギミック ガールミーツボーイ』『21世紀の女の子』)
奥山大史監督 (『僕はイエス様が嫌い』)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]