ADVERTISEMENT

原作の基本精神を鮮やかに蘇らせた古典文学の秀逸なアップデート

2020年6月18日 なかざわひでゆき ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

 これは古典文学のアップデートとして素晴らしく秀逸。大胆な取捨選択や再構築を施しながらも原作の基本はそのままに、4人姉妹それぞれの人生の選択に女性の多様な可能性を肯定しつつ、そんな彼女たちが直面する様々な困難に今なお変わらぬ女性の生きづらさを投影していく。ルイーザ・メイ・オルコットの原作が持つ普遍的なフェミニズム精神を、瑞々しいタッチで鮮やかに再現したグレタ・ガーウィッグの演出が見事。キャスト陣もいずれ劣らぬ好演だが、中でもフローレンス・ビュー演じるエイミー像はこれまでの解釈とかなり違って非常に新鮮だ。オルコット女史がもしまだ生きていたら、きっと今回の映画版を誇りに思ったことだろう。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT