篠原ゆき子と高畑淳子の火花散る芝居対決が圧巻!

2021年4月30日 なかざわひでゆき 女たち ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
女たち

 ままならぬ人生に不満と怒りを抱えながら黙々と母親の世話をするヒロイン、思い通りに育たなかった我が娘に憎しみをぶつける要介護の母親、そして一見したところ夢を叶えて自由に生きているように見える幼馴染の親友。コロナ禍の閉塞感に包まれた日本、豊かな自然以外に何もない閉鎖的な片田舎。ある出来事をきっかけに、辛うじて保たれていた平穏な日常が音を立てて崩れていく。重苦しい空気に包まれた今の日本社会で、崖っぷちまで追いつめられた女性たちの哀しみと絶望と再生を描いた作品。どこか舌足らずな部分があるようにも感じられるが、しかしまさに入魂と呼ぶしかない篠原ゆき子と高畑淳子の芝居がとにかく素晴らしい。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]