シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人間社会を戒め破壊し、再生をも促す大自然の摂理としてのゴジラ

  • GODZILLA ゴジラ
    ★★★★★

     核の申し子である出自に向き合い、時代の不安をすくい取り、3.11後へ警鐘を鳴らす。国土破壊をトラウマとする日本が生んだゴジラ映画の魂を、しっかりと継承してくれた。深遠なテーマを内包しながらも、恐怖を醸成するエンターテインメントとしても抜かりない。大怪獣バトルによるスペクタクルは、戦争映画や災害パニック映画並みに凄絶を極める。完璧に描いても想像力を働かせる余地なきVFXが増える中、本作は群を抜く。もういちど怪獣の存在を信じさせ、畏敬の念さえ抱かせるのだ。善悪を超えて人間社会を戒め、再生をも促す大自然の摂理としてゴジラの存在を捉えた演出が素晴らしい。去りゆく彼の背中は観る者に多くを語るだろう。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター●映画.com、シネマトゥデイ、FLIX、ニッポン放送●「PREMIERE」「STARLOG」等で執筆・執筆、「Dramatic!」編集長、海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画・構成・取材で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連最優秀賞 受賞

近況: ●「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」劇場パンフ寄稿●「ULTRAMAN ARCHIVES」企画構成取材●「シド・ミード展」未来会議ブレーン、図録寄稿●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク