シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「アルベール・カミュ」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全3件)

ヴィオレット−ある作家の肖像−
「私生児」「ボーヴォワールの女友達」などのフランスの女性作家、ヴィオレット・ルデュックの伝記ドラマ。非嫡出子という自身の出自や性と向き合った鮮烈な作品を描き上げ...る。性や自分の境遇などをつづった内容は、アルベール・カミュ、ジャン=ポール・サルトル、ジャン・ジュ...
2015年12月19日公開
涙するまで、生きる
「異邦人」「ペスト」などで知られる文豪アルベール・カミュの短編小説「客」を基にしたヒューマンドラマ。フランスからの独立運動真っただ中にある1950年代のアルジェリア...
2015年5月30日公開
最初の人間
「異邦人」「ペスト」などのフランスが世界に誇る作家、アルベール・カミュの未完の遺作であり自伝的小説を映画化したヒューマン・ドラマ。成功した作家が母のいる故郷アル...
2012年12月15日公開

特集・連載記事 (全2件)

【今週のクローズアップ】文学映画への招待!作家を描いた映画特集
!画像テキスト 呑んだくれの自称“詩人”が出版社に作品を認められるまでを描いた『酔いどれ詩人になるまえに』、破天荒な文学の寵児たちの青春ドラマ『キル・ユア・ダーリン...る。性や自分の境遇などをつづった内容は、アルベール・カミュ、ジャン=ポール・サルトルら高く評価され...
2015年12月18日掲載
【私的映画宣言】サードシーズン2008年10月
緒形拳さんが亡くなった。取材したいことがあったのに。ちなみに筆者が現場取材したのは『継承盃』と『さよならニッポン!GOODBYE JAPAN』。緒形さんの代表作として決して挙...彼女の最後のひと言も「はぁ?」って感じ。アルベール・カミュの「ペスト」とウィリアム・ゴールディング...
2008年10月25日掲載

映画ニュース (全6件)

菅田将暉、高杉真宙が稽古の癒やし
俳優の菅田将暉が8日、新国立劇場で行われた舞台「カリギュラ」の囲み取材に出席し、共演する高杉真宙が稽古の癒しとなっていることを明かした。この日は菅田と高杉とともに...を見せた。 小説「異邦人」などで知られるアルベール・カミュの戯曲を舞台化した本作は、暴君とされるロ...
2019年11月8日掲載
菅田将暉が残虐非道な皇帝に!舞台「カリギュラ」主演
俳優の菅田将暉が、舞台「カリギュラ」で主演を務めることが明らかになった。菅田は妹の急死で暴君へと豹変してしまったローマ帝国の若き皇帝・カリギュラを演じる。 非の打...ラ」は、20世紀のフランス文学界を代表するアルベール・カミュ自身が 「異邦人」「シーシュポスの神話」...
2019年4月13日掲載
ヴィゴ・モーテンセン主演作『涙するまで、生きる』とは?
演技派俳優ヴィゴ・モーテンセンが主演した話題作『涙するまで、生きる』について、ダヴィド・オロファン監督が語った。 フランスからの独立運動真っただ中にある1950年代の...、「異邦人」「ペスト」などで知られる文豪アルベール・カミュの短編小説「客」を基に映画化した。 カミ...
2015年5月25日掲載
ヴィゴ・モーテンセン主演×「異邦人」カミュ原作『涙するまで、生きる』予告編
ヴィゴ・モーテンセン主演で、「異邦人」などで知られるノーベル賞作家アルベール・カミュの短編集「転落・追放と王国」の一編を映画化した『涙するまで、生きる』の予告編...
2015年4月20日掲載
ヴィゴ・モーテンセンがフランス語とアラビア語を披露!「異邦人」カミュ原作の映画、初夏日本公開
「異邦人」などで知られるノーベル賞作家アルベール・カミュの短編集「転落・追放と王国」の一編をヴィゴ・モーテンセン主演で映画化した『涙するまで、生きる』が初夏に日...
2015年3月20日掲載
【第71回ベネチア国際映画祭】5か国語を操るヴィゴ・モーテンセン、流ちょうな仏語と伊語を披露!
現地時間31日、第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品されている映画『ロワン・デ・ゾム(原題)/ Loin Des Hommes』の公式会見が行われ、主演のヴィゴ・モー...。 本作は、小説「異邦人」などで知られるアルベール・カミュが、現代における「裁き」の是非を問う短編...
2014年9月2日掲載