シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

『君の名は。』公開22週目で再び1位!235億円突破で『アナ雪』狙う【映画週末興行成績】

『君の名は。』公開22週目で再び1位!235億円突破で『アナ雪』狙う
くるか『アナ雪』超え! 『君の名は。』が9週ぶりの1位! - (C) 2016「君の名は。」製作委員会

 土日2日間(1月21日~22日)の全国映画動員ランキングを23日に興行通信社が発表し、公開22週目の『君の名は。』が9週間ぶりに1位に返り咲く快挙を成し遂げた。

 昨年8月から上映が続く本作は、先週末だけで動員12万4,000人、興行収入1億7,400万円と、前週(動員12万5,000人、興収1億7,000万円)を上回る好調ぶり。22日までの累計成績は動員1,815万3,090人、興収235億6,115万800円を記録している。

 当面は歴代興収ランキング3位の『アナと雪の女王』(最終興収254億8,000万円)が目標となるが、公開20週目で圏外に落ちた『アナ雪』に比べても息の長い興行を展開中。また、ランキング1位獲得数は『アナ雪』の合計15回に対して13回。来週以降も1位を獲得することがあれば、歴代3位に浮上する可能性も出てきそうだ。

002
綾野剛のテレビ稼働も話題を呼んだ『新宿スワンII』は3位!(C) 2017「新宿スワンII」製作委員会

 綾野剛主演の人気シリーズ第2弾『新宿スワンII』が中高生から20代、30代の若い層を集客し、動員11万5,891人、興収1億6,119万8,800円で3位に初登場。遠藤周作の小説「沈黙」をマーティン・スコセッシが映画化した『沈黙−サイレンス−』は初登場4位。都市部と地方の比率は40対60。客層の男女比は5対5で半々。シニア層が中心だが、昼以降は若年層も来場し、動員10万4,648人、興収1億3,334万4,400円を上げた。各地の学校、キリスト教団体での観賞も予定されており、息の長い興行となりそうだ。

002
こちらもロングランヒット中の『この世界の片隅に』。(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 公開11週目の『この世界の片隅に』は先々週の10位、先週の8位から7位へとランクアップ。昨年11月12日の公開初日からじわじわとスクリーン数を増やしており、63スクリーンから198スクリーンに拡大。累計動員は118万8,000人、累計興収は15億6,700万円を突破した。

 公開6週目の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は10位ながら累計興収43億2,537万6,700円、累計動員285万3,874人と好調。同じく公開6週目の『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は276万1,161人、30億5,958万5,200円と興収30億円を突破した。人気アニメの劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』は11位スタートとなった。

 今週末は『ドクター・ストレンジ』『マグニフィセント・セブン』『恋妻家宮本』『キセキ −あの日のソビト−』『スノーデン』『破門 ふたりのヤクビョーガミ』『アンチポルノ』『タンジェリン』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2017年1月21日~22日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(2)『君の名は。』:22週目
2(1)『本能寺ホテル』:2週目
3(初)『新宿スワンII』:1週目
4(初)『沈黙−サイレンス−』:1週目
5(初)『ザ・コンサルタント』:1週目
6(3)『バイオハザード:ザ・ファイナル』:5週目
7(8)『この世界の片隅に』:11週目
8(5)『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』:6週目
9(4)『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊』:2週目
10(6)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』:6週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 1月
  4. 24日
  5. 『君の名は。』公開22週目で再び1位!235億円突破で『アナ雪』狙う