松坂桃李、売れない“バーター”時代もあった俳優人生10年

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
律儀に“バーター”の意味を説明した松坂桃李

 俳優の松坂桃李が、第10回TAMA映画賞の最優秀男優賞を受賞し、17日に東京・パルテノン多摩大ホールで行われた授賞式で“バーター”も経験した俳優人生10年を振り返った。

【写真】メンタルはボロ雑巾…松坂桃李

 本年度最も心に残った男優を表彰する同賞を、松坂は『孤狼の血』『娼年』『不能犯』『彼女がその名を知らない鳥たち』で「作品ごとにまったく異なる境遇に生きる若者の姿をほとばしる情熱で息衝かせた迫真の演技は、観客を魅了した」と評価され受賞。

[PR]

 「素敵な場に立たせていただいて本当にうれしく思っております。ありがとうございます」と喜ぶ松坂は、同映画賞が10周年であることから「僕も芝居を始めて10年」と明かし、「初めてドラマが決まったとき、チーフマネージャーさんに『松坂くんはバーターだから。よろしくね』」と言われたことを回顧。

 さらに「バーターというのは、事務所の売れている方の力を使って出させてもらうというやり方です」と律儀に説明すると、マネージャーから「2年目は『今年が勝負。今年ちゃんと結果を出さなければ、あなたは終わりです』。3年目は『ここで結果を出さなければ本当におしまい』と言われた」とぶっちゃけ。それ以降も「1年に1回以上は、精神的にくらう言葉をかけられ続けた」そうで、「おかげさまでメンタルが強くなりました」と笑った。

 とはいえ、そのマネージャーとは「10年ずっと二人三脚でやっている」ため、「数々の作品や監督、共演者と出会い、すごく素敵な時間を過ごさせていただいたのはチーフのおかげ」とも話すと、「メンタルはボロ雑巾のようにやられているけど、感謝してもしきれないです」としみじみ。そして、今年30歳という節目を迎えた松坂は「たくさん受けた恩を返し切れるかわからないですけど、一個一個丁寧に作品に向き合って返していきたい」と思いを語った。

[PR]

 TAMA映画賞は、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰する映画賞。(取材:錦怜那)

第10回TAMA映画賞の受賞者・作品

最優秀作品賞
万引き家族』 (是枝裕和監督、及びスタッフ・キャスト一同)
寝ても覚めても』(濱口竜介監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞
沖田修一監督、及び山崎努樹木希林さんはじめスタッフ・キャスト一同 (『モリのいる場所』)
上田慎一郎監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『カメラを止めるな!』)

最優秀男優賞
東出昌大 (『寝ても覚めても』『菊とギロチン』『パンク侍、斬られて候』『OVER DRIVE』『予兆 散歩する侵略者 劇場版』)
松坂桃李 (『孤狼の血』『娼年』『不能犯』『彼女がその名を知らない鳥たち』)

最優秀女優賞
安藤サクラ (『万引き家族』『DESTINY 鎌倉ものがたり』)
松岡茉優 (『勝手にふるえてろ』『万引き家族』『ちはやふる -結び-』『blank13』)

最優秀新進監督賞
今泉力哉監督 (『パンとバスと2度目のハツコイ』)
三宅唱監督 (『きみの鳥はうたえる』)

最優秀新進男優賞
吉村界人 (『モリのいる場所』『悪魔』『サラバ静寂』『ビジランテ』)
吉沢亮 (『リバーズ・エッジ』『猫は抱くもの』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『ママレード・ボーイ』『悪と仮面のルール』『レオン』『斉木楠雄のΨ難』)

最優秀新進女優賞
深川麻衣 (『パンとバスと2度目のハツコイ』)
伊藤沙莉 (『榎田貿易堂』『パンとバスの2度目のハツコイ』『寝ても覚めても』『blank13』)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]