シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門19作品紹介(1/3)

5月17~28日(現地時間)に開催される第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門19作品を紹介(コンペティション外を除く)。今年の審査委員長は、映画『オール・アバウト・マイ・マザー』『ボルベール <帰郷>』などで知られるスペイン映画界の巨匠ペドロ・アルモドバル監督。2度のパルムドール受賞経験を持つ名匠ミヒャエル・ハネケに、日本でも高い人気を誇るソフィア・コッポラフランソワ・オゾン、先日のベルリン国際映画祭に続いてのエントリーとなるホン・サンス監督は再び話題のキム・ミニとのタッグ作で選出と、第70回という節目にふさわしい注目度抜群の豪華な顔ぶれがそろい踏み。日本からはカンヌとは相性抜群の河瀬直美監督永瀬正敏と再タッグを組んだ『光』がエントリー。栄えあるパルムドールは誰の手に!(文:岩永めぐみ/平野敦子/本間綾香/編集部 浅野麗)

『イン・ザ・フェイド(英題) / In The Fade』

第70回カンヌ国際映画祭

製作国:ドイツ
監督:ファティ・アキン
キャスト:ダイアン・クルーガーウルリッヒ・トゥクール

【ストーリー】 ドイツ北部ハンブルクのあるトルコ人コミュニティーで、爆弾によって愛する家族を失ってしまった一人の女性。悲しみに暮れる彼女だったが、やがて犯人への激しい憎悪を抱くようになり、ついに自らの手で復讐(ふくしゅう)を果たそうと決意する。

【ここに注目】 『愛より強く』『そして、私たちは愛に帰る』『ソウル・キッチン』で、ベルリン、カンヌ、ベネチア世界三大映画祭の受賞経験を持つ、ドイツの若き天才ファティ・アキン監督が手掛ける復讐(ふくしゅう)劇。『イングロリアス・バスターズ』などでハリウッドやヨーロッパを中心に活躍するダイアン・クルーガーが、母国語であるドイツ語を使った映画に初挑戦し、これまで海外で培ったノウハウを本作に注ぎ込む。ドイツを代表する監督と国際派スターの強力タッグに期待大。

『ザ・マイヤーウィッツ・ストーリーズ(原題) / The Meyerowitz Stories』

第70回カンヌ国際映画祭

製作国:アメリカ
監督:ノア・バームバック
キャスト:アダム・サンドラーベン・スティラー

【ストーリー】 アーティストである父の回顧展のため、成人した息子・娘たちがニューヨークに集まり、家族は久々の再会を果たす。父から多大な影響を受けて育った子どもたちだが、年老いた父との世代間ギャップに頭を悩ませる。

【ここに注目】 『イカとクジラ』『フランシス・ハ』『ヤング・アダルト・ニューヨーク』など、ニューヨークのブルックリンを舞台にした秀作コメディーで知られるノア・バームバック監督の最新作。人生の危機に直面する主人公を滑稽かつ温かく描いてきたバームバックがつづる新たな悲喜劇とは? 父を演じる名優ダスティン・ホフマンと、人気コメディー俳優アダム・サンドラー&ベン・スティラーの掛け合いにも期待が募る。

『オクジャ/okja』

製作国:韓国、アメリカ
監督:ポン・ジュノ
キャスト:ティルダ・スウィントンジェイク・ギレンホール

【ストーリー】 韓国・江原道(カンウォンド)の山奥で、1人の少女が“オクジャ”と呼ばれる謎の巨大生物をかくまいながら暮らしていた。世界的企業から追われていたオクジャが姿を消した時、少女は親友であるオクジャを探し出すため命懸けで奮闘する。

【ここに注目】 韓国の鬼才ポン・ジュノが、『スノーピアサー』で組んだティルダ・スウィントンを主演に迎えた話題のモンスター映画。象のような質感の肌と優しい瞳を持つ“オクジャ”の造形は、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞視覚効果賞を受賞したエリック・デ・ボーアが、最新のVFX技術で表現。近年プロデューサーとしての手腕も光るブラッド・ピット率いるプランBエンターテインメントが製作を務める。

『120バットマン・パール・ミニュット(原題) / 120 Battements Par Minute』

第70回カンヌ国際映画祭

製作国:フランス
監督:ロバン・カンピヨ
キャスト:ナウエル・ペレ・ビスカヤー、アデル・エネル

【ストーリー】 エイズによる死者が急増していた1990年代初頭のフランス。エイズへの関心を高める運動を行う団体「アクト・アップ・パリ」の新入りのナサンは、最後の力を振り絞り活動する急進派のショーンに刺激を受ける。

【ここに注目】 第61回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当し、監督作『イースタン・ボーイズ(原題) / Eastern Boys』では第70回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門の最高賞を受賞したロバン・カンピヨ監督の長編第3作。エイズへの関心を高めるべく設立され、過激な活動でも知られる実在の団体「アクト・アップ・パリ」が題材。

『ザ・ビガイルド(原題) / The Beguiled』

製作国:アメリカ
監督:ソフィア・コッポラ
キャスト:コリン・ファレルニコール・キッドマン

【ストーリー】 南北戦争の最中、バージニア州の森にひっそりとたたずむ女子学園で、重傷の兵士マクバーニーが保護される。快方に向かうマクバーニーだが、唯一の男性をめぐり教師や生徒たちの愛憎が交錯し、事態は思いがけない展開を迎える。

【ここに注目】 『ダーティハリー』ドン・シーゲル監督クリント・イーストウッドのコンビによる、1971年の異色サスペンス『白い肌の異常な夜』をソフィア・コッポラがリメイク。イーストウッドが演じたマクバーニー役をコリン・ファレル、校長役をニコール・キッドマンが演じるほか、ソフィア映画と相性抜群のキルステン・ダンストが教師役、エル・ファニングが生徒役で共演する。

『ロダン(原題) / Rodin』

製作国:フランス、ベルギー
監督:ジャック・ドワイヨン
キャスト:ヴァンサン・ランドンイジア・イジェラン

【ストーリー】 1880年のパリ。彫刻家のオーギュスト・ロダンは40歳の時に政府から「地獄の門」の注文を受ける。その頃、ロダンには長年のパートナーであるローズがいたが、若く才能あるカミーユ・クローデルと出会い、愛し合うようになる。

【ここに注目】 2017年に没後100年を迎えた彫刻家オーギュスト・ロダン。そのロダンを『ラ・ピラート』『ポネット』のジャック・ドワイヨンが描く伝記ドラマ。『ティエリー・トグルドーの憂鬱』で第68回カンヌ国際映画祭男優賞を獲得したヴァンサン・ランドンがロダンに扮し、カミーユを『サンバ』のイジア・イジュランが演じる。ロダンによる2人の女性への愛と創作への並みならぬ情熱が繊細につづられる。

キーワード

楽天市場

  • «前のニュース
  • 次のニュース»

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2017年
  3. 5月
  4. 11日
  5. 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門19作品紹介