シネマトゥデイ

菅田将暉ら若手が活躍!第41回日本アカデミー賞を予想

今週のクローズアップ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 1月15日に各部門の優秀賞が明らかになった第41回日本アカデミー賞。その優秀賞の中から最優秀賞を発表する授賞式が3月2日に行われます。編集部が予想した最優秀賞と共に、各部門の注目ポイントを紹介します!(編集部・吉田唯)

優秀作品賞

君の膵臓をたべたい

1
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (C)住野よる/双葉社

三度目の殺人

2
『三度目の殺人』DVDスタンダードエディションは発売中(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ 発売元: フジテレビジョン 税抜価格:3,800円

関ヶ原

[PR]

3
(C) 2017「関ヶ原」製作委員会

ナミヤ雑貨店の奇蹟

4
(C) 2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

花戦さ

5
東映ビデオ『花戦さ』はレンタル中 価格:レンタルのみ

<注目ポイント>
 最多10部門の優秀賞を受賞している『三度目の殺人』『関ヶ原』どちらかが最優秀作品賞になるのでしょうか? それとも他の作品のサプライズ受賞? “最多受賞”作品の行方も気になるところです。

<予想>
『三度目の殺人』

 編集部では『三度目の殺人』が一番人気でした。その次に票を集めたのは『関ヶ原』。やはり最多の2作どちらかが有力なのではないでしょうか。興行収入面では、『君の膵臓をたべたい』が35億2,000万円、『関ヶ原』が24億円、『三度目の殺人』が14億6,000万円、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が10億9,000万円(日本映画製作者連盟発表)と10億円突破作品が4本。興収的には5本の中で『君の膵臓をたべたい』がトップですが、ここ10年の傾向を見ると第33回以外は作品賞&監督賞の最優秀賞が合致しているので、この中で唯一優秀監督賞に選出されていない『君の膵臓をたべたい』はやや不利と考えられます。

優秀監督賞

黒沢清散歩する侵略者

6

是枝裕和『三度目の殺人』

7

篠原哲雄『花戦さ』

8

原田眞人『関ヶ原』

9

廣木隆一『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

10

<注目ポイント>
 黒沢清、篠原哲雄、廣木隆一の初受賞組が最優秀賞受賞となるのかに注目。今回も作品賞&監督賞が同じ作品に? という点も密かなポイントです。

<予想>
 混戦模様の監督賞ですが、編集部の一番人気はダイナミックで迫力満点の合戦シーンが見どころの『関ヶ原』の原田眞人監督。『日本のいちばん長い日』『わが母の記』『クライマーズ・ハイ』『突入せよ!「あさま山荘」事件』『金融腐蝕列島 [呪縛]』で優秀監督賞の受賞経験はありますが、今回初の最優秀監督賞受賞となるのかに視線が集まりそうです。2番目に票を集めたのは初の優秀監督賞受賞となった『散歩する侵略者』の黒沢清監督。勢いにのって最優秀賞も手にすることができるのでしょうか。3番目に予想者が多かったのは『三度目の殺人』の是枝裕和監督。5人の中では唯一、最優秀監督賞を受賞した経験(『海街diary』)があります。

優秀主演男優賞

大泉洋探偵はBARにいる3

11

佐藤健8年越しの花嫁 奇跡の実話

12

菅田将暉あゝ、荒野 前篇

13
(C) Vittorio Zunino Celotto / Getty Images

藤原竜也22年目の告白-私が殺人犯です-

14

岡田准一『関ヶ原』

<注目ポイント>
 昨年は佐藤浩市(『64-ロクヨン-前編』)が受賞した最優秀主演男優賞。今回は初めて菅田将暉や佐藤健が優秀主演男優賞に選ばれるなど、若手の活躍が目立った年でしたが、その勢いのまま若手俳優が最優秀賞に輝くのでしょうか。ちなみに、5人の中で過去に最優秀主演男優賞を受賞しているのは岡田准一(『永遠の0』)のみです。

<予想>
 編集部では、昨年大活躍だった菅田将暉の名前が多数挙がりました。『あゝ、荒野 前篇』ではボクサー役のため肉体改造にも挑み、韓国の名優ヤン・イクチュンと共に男の絆を見事に表現しました。その次に支持を集めたのは、昨年も『海賊とよばれた男』で優秀主演男優賞に選ばれている岡田准一。『関ヶ原』では“義”に生きる石田三成にふんし、人間味あふれる三成像を作り上げました。時代劇経験の豊富な岡田の堂々たる貫禄がにじみ出た一本でした。

優秀主演女優賞

蒼井優彼女がその名を知らない鳥たち

15

新垣結衣ミックス。

16

土屋太鳳『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

17

長澤まさみ『散歩する侵略者』

18

吉高由里子ユリゴコロ

19

<注目ポイント>
 今回の5人は全員過去に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しているという共通点があります。蒼井優、長澤まさみは最優秀助演女優賞を受賞したことがあるものの、今回の5人は、誰が最優秀賞になっても初の最優秀主演女優賞という顔ぶれです。昨年は『湯を沸かすほどの熱い愛』の宮沢りえが同賞を受賞しましたが、今年は主演男優賞同様に若い女優陣の活躍が評価されました。

<予想>
 コメディエンヌとしての才能を発揮した新垣結衣、病に侵されていくヒロインをリアルに演じた土屋太鳳、別人のようになってしまった夫に戸惑いながらも愛のために奔走する主人公にふんした長澤まさみ、人の死でしか心を満たせない女性の狂気を表現した吉高由里子といった強力なラインナップの中で、編集部で圧倒的な支持を集めたのは『彼女がその名を知らない鳥たち』で恋愛に依存しなくては生きられないヒロインを演じた蒼井優でした。すでに第42回報知映画賞、第30回日刊スポーツ映画大賞、第39回ヨコハマ映画祭、第91回キネマ旬報ベスト・テンと多数の主演女優賞を獲得するなど、国内の映画賞での評価も高いことから本命と思われます。

優秀助演男優賞、優秀助演女優賞は次のページ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]