シネマトゥデイ

寒い冬はやっぱり映画三昧!年末年始映画特集2017-18

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 12月に入り、いよいよ2017年も終わりが近づいてきました。『ラ・ラ・ランド』や『美女と野獣』から始まり、夏には『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に『スパイダーマン:ホームカミング』『ワンダーウーマン』と、洋画の好調ぶりが目立った今年。果たして2018年はどんな年になるのでしょうか。この年末年始に公開される映画の中から、シネマトゥデイ編集部がオススメする、激オシ映画3本に加え、注目の邦画、良作洋画、そしてアクション&ラブロマンス映画を一挙紹介します!(編集部:浅野麗)

【まずはコレっ!編集部激オシ3連発!!!】

激オシ1:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日 公開 (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』シリーズの新たな3部作の第2章。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』後のストーリーが展開する。 >>あらすじを読む

[PR]

【編集部コメント】

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の衝撃的なラストに「ここで終わるの~!?」と絶叫したのも2年前……あの続きがようやく観られる! なんといっても今作の注目ポイントはルークの本格的なカムバックでしょう。また、早くも人気を集めている新キャラクター・ポーグの活躍も気になるところ。(吉田唯)

衝撃が待ってるぞ! という監督の言葉で、否応なしにハードルが上がってしまっているが、そこまで言われたら観に行かないわけにはいかない。そして、レイア姫の最後の雄姿を見届けたい。(香取亜希)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ラストのルーク登場から2年。膨らみまくった期待と予想の答えを確かめる時が来た! 斬新なビジュアルや予告からシリーズ最高の予感も漂う一本は、お正月にリピート確実のエンタメ大作!(入倉功一)

激オシ2:『オリエント急行殺人事件』

『オリエント急行殺人事件』
12月8日 公開 (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

これまで幾度も映像化されてきたアガサ・クリスティの傑作ミステリーを映画化。ヨーロッパ各地を巡る豪華列車を舞台に、世界的な名探偵エルキュール・ポアロが客室で起きた刺殺事件の解明に挑む。 >>あらすじを読む

【編集部コメント】

とにかく豪華なキャストにワクワクし、監督&主人公・探偵ポアロ役を兼任したケネス・ブラナーの原作への愛が伝わる作品に仕上がっている。1974年のシドニー・ルメット監督版は言わずと知れた名作だが、本作の、現代だからこそ実現できたスペクタクルな映像も、見応えたっぷりだ。(石神惠美子)

まさに「お正月映画」にふさわしいオールスターキャストの企画、というだけでワクワク。多くの人が知る物語をどう見せるのか。今リメイクする意義をもたせようとしているのか、それともあくまで忠実にあろうとするのか。個人的には、ルドルフ・アンドレニ伯爵役の超イケメンダンサー、セルゲイ・ポルーニンに熱視線。(石井百合子)

並んでいるだけでテンション上がる名優がずらり。ミステリーならではの推理やその裏の心理描写だけでなく、演技合戦も盛り上がりそう。そして、ポアロにふんしたケネス・ブラナーの特徴的な口ひげ姿が可愛い……!(小山美咲)

正月。一年に一度の贅沢が許されるシーズンにピッタリの豪華キャスト集結映画。ケネス・ブラナー、ジョニー・デップミシェル・ファイファーデイジー・リドリーペネロペ・クルス……。贅沢だな~。(海江田宗)

激オシ3:『キングスマン:ゴールデン・サークル』

『キングスマン:ゴールデン・サークル』
2018年1月5日 公開 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

コリン・ファースが粋なスパイを演じてヒットした『キングスマン』の続編。スパイ組織「キングスマン」の本拠地が壊滅状態に陥る中、敵を追ってアメリカに渡るスパイの奮闘を描く。 >>あらすじを読む

【編集部コメント】

前作も音楽とアクションとあふれるロマンで脳汁ドバドバだったが、今回も予告編から鞄型バズーカー、ムチで敵さん真っぷたつとぶっ飛ばしている本作。正月休み明けの憂ウツへの処方箋はこれで決まり?(井本早紀)

夜のロンドンでのブラックキャブチェイスシーンを皮切りに、めくるめくアクションにテンション上がりっぱなし! ハイテクでシャレオツなガジェットも、スパイおなじみのシチュエーションも、紳士なエグジーも最高。(市川遥)

前作はもちろん、『キック・アス』の監督でもあるマシュー・ヴォーンやコリン・ファース&タロン・エガートン好きは無条件で劇場に足が向くことでしょう。3面スクリーンのScreenXでアトラクション気分を味わうのもいいかも!(小松芙未)

待望の続編!キレッキレアクションのコリン・ファースという前作の衝撃を超えられるのかという心配をよそに、今回もとにかく“やってやった感”が満載。スーツ&ガジェットのスタイリッシュなスパイスタイルはやっぱりたまりません!!(浅野麗)

【人気シリーズから実話まで!注目の邦画作品】

『探偵はBARにいる3』

『探偵はBARにいる3』
12月1日 公開 (C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

お約束も楽しみの一つ!名コンビの人気シリーズ第3弾
大泉洋松田龍平の共演で映画化した『探偵はBARにいる』シリーズ第3弾。今回も札幌のススキノを舞台に、大泉演じる探偵と松田演じる高田の名コンビが女子大生失踪事件の真相に迫る様子を活写する。 >>あらすじを読む

『鋼の錬金術師』

『鋼の錬金術師』
12月1日 公開 (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C) 2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

邦画史上最大規模で展開される人気コミックの実写化
荒川弘の大ヒットコミックを、『暗殺教室』シリーズなどの山田涼介主演、『ピンポン』などの曽利文彦監督で実写映画化。亡き母をよみがえらせようと“人体錬成”という錬金術におけるタブーを犯したことから体の一部を失い、やがて錬金術師となった主人公が弟と一緒に失ったものを取り戻す旅を繰り広げる。 >>あらすじを読む

『DESTINY 鎌倉ものがたり』

『DESTINY 鎌倉ものがたり』
12月9日 公開 (C)2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会

古都鎌倉で繰り広げられるおかしくて不思議な夫婦の物語
西岸良平による人気漫画「鎌倉ものがたり」を、西岸が原作者である『ALWAYS』シリーズなどの山崎貴監督が実写映画化。人間だけでなく幽霊や魔物も住むという設定の鎌倉を舞台に、心霊捜査にも詳しいミステリー作家が新婚の愛妻と一緒に、怪事件を解決していくさまを描く。 >>あらすじを読む

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
12月16日 公開 (C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

感涙必至!一途な愛が生んだ奇跡の実話
岡山県に実在するカップルに訪れた奇跡をベースにしたラブロマンス。結婚を目前に病で昏睡(こんすい)状態に陥り、回復するも相手の記憶をなくした女性と、それでも彼女を愛し続けた男性のおよそ8年の軌跡を追う。 >>あらすじを読む

『嘘八百』

『嘘八百』
2018年1月5日 公開 (C)2018「嘘八百」製作委員会

初笑いにピッタリ!ユーモアあふれるだまし合い大会
百円の恋』の武正晴監督と脚本家の足立紳が再び組み、商人の街堺を舞台に描くコメディードラマ。うだつの上がらない古物商と陶芸家を中心に、“幻の利休の茶器”をめぐるだまし合いのバトルをユーモアたっぷりに描き出す。 >>あらすじを読む

 
 
≫アクション映画、ラブロマンス映画はこちら
≫洋画の注目作はこちら

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]