女性が主役の音楽映画の中でも一味違う

2020年3月17日 猿渡 由紀 ワイルド・ローズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ワイルド・ローズ

「アリー/スター誕生」「ティーンスピリット」「ポップスター」など、最近は、主演女優が歌う音楽映画が豊作。日本未公開作も入れれば、エリザベス・モス主演の「Her Smell」もあった。それらにはそれぞれ個性があるものの、今作は、カントリーを歌うスコットランドの元服役囚という設定がまず、かなり新鮮。この前には小さな役でちらほら出ていた程度だったジェシー・バックリーの歌唱力と演技力に、新発見の喜びを感じることができるのもプラスだ。彼女はまた最高にチャーミングで、スクリーンにぐいっと惹きつける力も持つのである。カントリーファンでなくても純粋に楽しめる歌の数々も、大きな魅力。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]