ADVERTISEMENT

別れる決心 (2022) 映画短評

2023年2月17日公開 138分

別れる決心
(C) 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

ライター2人の平均評価: ★★★★★ ★★★★★ 5

村松 健太郎

パク・チャヌクの凄みを再確認

村松 健太郎 評価: ★★★★★ ★★★★★

ちょっと久々なパク・チャヌク監督の最新作は、健在ぶりというか、さらなる進化&深化すら感じさせるサスペンスロマンス映画の大傑作でした。
パク・チャヌクのサスペンスとロマンスのバランス感覚については過去作からずっと唸らせるものがありましたが、本作はさらに一段上に行った感じがあります。
細部までこだわり抜かれたビジュアルセンスも見事の一言です。エンディングの凄まじさについては”見てください”以外の言葉が見つかりません。映画に圧倒されるという感覚の心地よさを再確認させてくれた逸品でした。

この短評にはネタバレを含んでいます
斉藤 博昭

映画表現の地平を超えていき、★5でも足らぬ魔物的傑作

斉藤 博昭 評価: ★★★★★ ★★★★★

簡単に評するのは困難。ただ言えるのは、観た後しばらく恍惚状態に陥るということ。
落下事故を巡る、捜査する警部と死亡男性の妻の関係、その悩ましさ、もの苦しさ、相手への挑発や愛と欲望を、あらゆる大胆な“映画的”演出を繰り出して表現。妄想の生々しいビジュアル化。現実との鮮やかなシンクロ。微妙な時間と空間のズレ。それらが巧みに構成され、崩壊しながらも本能に抗えぬ人間の心理を究めていく…。

監督らしい衝撃描写も超えるかのように、『ラスト、コーション』から見事に魔性の女へ変貌したタン・ウェイ、『殺人の追憶』から多層な心理を表現できる名優に成長したパク・ヘイルと、俳優とはこのように進化するのだと深く感銘。

この短評にはネタバレを含んでいます
ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT